出産費用が節約できる7つの公的制度とは?

必ず知っておきたい!保険の全知識まとめ
保険のWiki > 保険コラム > 出産費用が節約できる7つの公的制度とは?

出産費用が節約できる7つの公的制度とは?


子供ができた瞬間というのはやはり嬉しさで胸がいっぱいになるでしょう。
これから家族が増えて楽しい生活が始まる、というドキドキ感と責任感も出てきます。
そこで親になることについてしっかりと考え直す良い機会になるかもしれません。

まず出産費用が非常に多くかかります。
この出産費用ですが、実は大幅に節約する方法もあるのです。

出産費用を少しでもせるために利用できる7つの制度についてご紹介します。

使わなきゃもったいない7つの制度

出産というのは自然分娩なのか、帝王切開なのかによって費用は全く違ってきます。
基本的には40万円から60万円程度の費用がかかると言われています。

そこで出産育児一時金というものが支給されます。
そのため出産にかかる費用の大半は国が支給してくれるのです。

実際に自分たちが支払う金額というのは、出産にかかった総額から出産育児一時金の金額を差し引いた金額になります。
出産育児一時金よりも安く済ませることができたということもあるかもしれませんが、3万円から10万円程度自分で払わなければなりません。

まだまだある制度

出産手当金は健康保険組合が98日間の間は給料の3分の2を支給してくれるという制度です。
失業手当金は出産に向けて仕事を辞める人が受け取れるものです。

高額医療費制度は82,000円以上の支払いをした時に適用される制度で、高額の医療費を支払った場合に医療費が返還されるというものです。

傷病手当金は様々のトラブルによって妊娠中に会社を休んでしまうことがあると思いますが、報酬の日額の3分の2にあたる手当金を受け取ることができます。

妊娠をきっかけにして退職をするとなれば、手続きを行って所得税の還付金を受け取る必要があります。
1年分の所得税を支払っているのですから、途中で退職するのであれば還付金をもらうというのは当然のことです。

また各自治体で準備されている助成金など絶対に利用するようにしてください。
この助成金など目当てにして出産のために引っ越しを考える人もいるようです。

人気の保険相談店

ほけんの窓口

ほけんの窓口は、業界最大手の保険ショップで、CMでもよく見かけるので、認知度が高く人気のあるサービスです。現在加入している保険の確認だけでも相談できますし、新規の申込の相談ももちろんできます。保険に関して経験豊富な専門スタッフが丁寧に対応してくれますので、どんな小さな悩みでも相談してみてください。きっと、あなたの家計状況に合わせて、保険を組み合わせてくれるはずです。

取扱保険会社数

35

保険見直し本舗

保険見直し本舗は、CMでもお馴染みの来店型の保険無料相談サービスです。40以上の取扱保険会社、200以上の店舗があり、直営店舗が業界で一番多いと言われています。保険見直し本舗は、店舗に来店するだけでなく、自宅までファイナンシャルプランナーを呼んで相談することもできます。また、女性ファイナンシャルプランナーも多く在籍していますので、女性一人でも安心して利用することができます。

取扱保険会社数

40

保険クリニック

保険クリニックは、日本で初めて設立された保険相談会社で、全国183店舗を運営しています。保険クリニックでは独自開発されたシステムによりお客様に合った提案が可能です。相談だけならどんな内容でも何度でも無料で利用できるので、どんな保険に加入したらいいか悩んでいる人は、是非保険クリニックで相談してみましょう。自分の希望に合わせて、ピッタリの保険を紹介してくれることでしょう。

取扱保険会社数

記載なし

人気の保険相談店はこちら