医療費控除の対象になるのはどんなもの?

必ず知っておきたい!保険の全知識まとめ
保険のWiki > 保険コラム > 医療費控除の対象になるのはどんなもの?

医療費控除の対象になるのはどんなもの?


医療費の対象になるものとならないものというのはどのようなものがあるのでしょうか。
そもそも医療費控除というのは、納税者が納税者と生計を立てている親族のために使用することができます。
高額な医療費を支払った場合にはその金額の一部を医療費控除として受け取ることができるのです。

医療費控除の対象となるのは、その年の1月1日からその年の12月31日までです。
この期間に支払った金額というのは医療費控除の対象となります。

医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるものは様々あります。
診療や治療にかかった費用はもちろん、治療を受けるために通院にかかった交通費も控除の対象になります。

あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師による施術にかかった費用、診療を受ける上で必要になったコルセットや松葉杖、出産費用など様々なものが控除の対象となります

控除の対象とならないもの

控除の対象とならないものは、未払いの医療費や美容整形の費用などが代表的です。
ここで少し分かりにくいのがあん摩マッサージ指圧師などに支払った治療費です。
これらは控除の対象にはなりません。

しかし先ほどは控除の対象になると申し上げましたが、これには少し違いがあります。
手術を受けた場合に疲れを癒やしたり、体調を整えたりするためというのであれば控除の対象にはなりません。
しかし、交通事故や病気による治療なのであれば控除の対象になるのです。

毎年確定申告が行われ、この確定申告において個人事業主の方は収入や支出などを計算した上で申告書は税務署に提出します。

そして納付すべき税金の金額を算出してもらうわけです。
しかし確定申告書を提出しなくても良い人でも、計算した所得税額よりも多いのであれば確定申告をするべきです。

確定申告をすることで納税し過ぎた分の還付金を受けることができます。
この還付金と対象になるものとして医療費控除があるのです。
医療費控除は非常に便利な制度ですので、ぜひ利用するようにしてください。

人気の保険相談店

ほけんの窓口

ほけんの窓口は、業界最大手の保険ショップで、CMでもよく見かけるので、認知度が高く人気のあるサービスです。現在加入している保険の確認だけでも相談できますし、新規の申込の相談ももちろんできます。保険に関して経験豊富な専門スタッフが丁寧に対応してくれますので、どんな小さな悩みでも相談してみてください。きっと、あなたの家計状況に合わせて、保険を組み合わせてくれるはずです。

取扱保険会社数

35

保険見直し本舗

保険見直し本舗は、CMでもお馴染みの来店型の保険無料相談サービスです。40以上の取扱保険会社、200以上の店舗があり、直営店舗が業界で一番多いと言われています。保険見直し本舗は、店舗に来店するだけでなく、自宅までファイナンシャルプランナーを呼んで相談することもできます。また、女性ファイナンシャルプランナーも多く在籍していますので、女性一人でも安心して利用することができます。

取扱保険会社数

40

保険クリニック

保険クリニックは、日本で初めて設立された保険相談会社で、全国183店舗を運営しています。保険クリニックでは独自開発されたシステムによりお客様に合った提案が可能です。相談だけならどんな内容でも何度でも無料で利用できるので、どんな保険に加入したらいいか悩んでいる人は、是非保険クリニックで相談してみましょう。自分の希望に合わせて、ピッタリの保険を紹介してくれることでしょう。

取扱保険会社数

記載なし

人気の保険相談店はこちら